【明日の星読み】ときには腹を割って話してみる

 明日のホロスコープの、水星と天王星のオポジション(180度)に注目してみます。

 こちらが、明日2020年11月16日 12:00 時点でのホロスコープです。

スポンサーリンク

水星と天王星のオポジション

 水星と天王星はオポジション(180度)となり、向かいあっています。

水星と天王星のオポジション

 オポジションは対立を意味しています。

 さて、水星は蠍座にあります。蠍座はひとつのことを深く探究したい、そんなサインです。水星はコミュニケーションを司っています。

 蠍座に水星がある時期は、本音での会話や真剣な会話をするのにうってつけです。また、嘘をつくと相手に見破られやすいかもしれません。

 一方、天王星は牡牛座にあります。牡牛座は持って生まれたものや現状を大事にします。

 現状維持していたい牡牛座の天王星と、腹を割って話をして何かを変えたい蠍座の水星。そういった意味で、両者は対立しているのです。

腹を割って話すということ

 腹を割って話すというのはなかなか大変だし、難しいこともあるかもしれません。特に相手に対する不満などは、どうしても言いにくいかもしれません。

 ですが、どんなに仲がよくても、しょせんは別々の人間です。相手の態度に不満が出ることだってあるでしょう。ほんとうはもっとこうしてほしい、ほんとうはそれはやめてほしい、などなど。

 それを自分の中に溜め込んで、自分だけ我慢して、なんとか仲のよい状態を続けていても、無視され続けたたあなたの気持ちは、どこかで爆発しかねません

 あるいは「今までずっと我慢してたけどもう無理!」となって別れることを選んでしまうかもしれません。

「今までずっと我慢してた」と言われたら、きっと多くの人は「我慢せずにそのときに言ってよ」と、思うんじゃないでしょうか。

 相手の態度に日頃から不満を感じている……そんな人はぜひこの蠍座の水星の力を借りて、勇気を出してみましょう

 もちろんその態度が変わるかどうかは相手次第ではありますが、よい方向へ変わる可能性だってあるのです。

 また、よい方向へ変わらなくても、自分はちゃんと伝えた、ということがあなたの中の不満を少しでも軽減してくれるはずです。

 あなたが必要なときには腹を割って相手と話せるよう、願っています。

タイトルとURLをコピーしました