【明日の星読み】コミュニケーションによって人間関係を広げる

 今回は明日のホロスコープに現れる「Tスクエア」について見ていきます。

 こちらが、明日2020年11月7日の 12:00 時点でのホロスコープです。

スポンサーリンク

月と木星と水星によるTスクエア

 月と木星はオポジション(180度)、月と水星、木星と水星はそれぞれスクエア(90度)のアスペクトをとっています。このようにしてできる直角二等辺三角形の複合スクエアを「Tスクエア」と呼びます。

水星と月と木星によるTスクエア

 Tスクエアは、葛藤や対立を表すオポジションとスクエアからなるため、緊張感のある複合アスペクトです。

 このTスクエアをなす天体たちはいずれも活動宮のサインにあるため、活動を始めるエネルギーには満ちているものの、それぞれの進みたい方向がばらばらで、葛藤を引き起こします

 水星は天秤座にあります。天秤座は調和を愛するサインであり、それぞれの一対一の人間関係を大切にします。そして水星は、コミュニケーションを司る天体です。

 月は蟹座にあります。蟹座は身内にとても愛情を注ぐサインです。共感で人と繋がりたいと考えています。また、月は個人の内面や感情といったものを表します。

 木星は山羊座にあります。山羊座は社会の役に立つことをよしとするサインです。認められるための努力を惜しまないようなサインでもあります。そして木星は、発展・拡大の天体と呼ばれ、よいことも悪いことも広げていくような星です。

 天秤座の水星は調和的な人間関係のためのコミュニケーションを図ろうとします。一方で蟹座の月はとにかく大切な人たちにだけ愛情を注ぎたいと思います。そして山羊座の木星は社会の役に立ちたい、そのために努力したい、と考えます。

大切な人はもちろん大切だけれど世界は広い

 このTスクエアでは

  • 調和的な人間関係を築きたい
  • 大切な人だけに愛情を注ぎたい
  • 社会の役に立ちたい

 というそれぞれの方向へエネルギーを向けています。

 月と水星と木星の入っているサインはどれも活動宮なので、ひとつひとつの行動については活発に動くことができます。しかし、このTスクエアではみっつの天体の力を連携させるまでに葛藤が生じます。

 ですが、そこをうまく調整できると、このTスクエアの葛藤を抱えていると思われたみっつの天体の力を、うまく生産性へと繋げることもできます。

 もちろん誰だって、いろんな相手に対して好きな人もいればそうじゃない人もいます。好きな人たちの中にも、序列はあるでしょう。この人よりはもっとこの人が好き、というように。

 大切な人にはぜひ惜しみなく愛情を注いでほしいですが、それ以外の人たちを排除してしまうのはいただけませんもちろん、相性の悪い人やどうしても苦手な人とは距離を取るのがよいですけれど

 天秤座に水星があるので、調和的な人間関係を築こうとすれば、きっとコミュニケーションはスムーズにできます。しかも水星は先日、逆行から巡行へと戻りましたので、よりコミュニケーションがうまくとれるだろう、といえます。

 好きでも嫌いでもない、あるいはそもそもこの人どういう人なんだろう……、という人に声をかけてみるのもいいかもしれません。そこから親友ができることだって、あり得るのですから。

 あなたが身近な人々と心地よくコミュニケーションを取れることを、願っています。

タイトルとURLをコピーしました