【わからないままでいい】『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講座』感想

『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講座』という本を読みました。この本には”日本縮約版”と”完全翻訳版”があるのですが、今回読んだのは”日本縮約版”のほうです。

 今回はこの『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講座』(日本縮約版)を読んで思ったことなどをつらつらと。

スポンサーリンク

 ”日本縮約版”がこちらで、

 ”完全翻訳版”はこちらです。

「死」とはいったいなんなのか。「死」は悪いのか。「死」がもし悪いのなら「不死」がよいのか。「死」を恐れるのは、合理的な反応なのか。

 ……といったことについて、哲学的な面から書かれた本です。

 著者であるシェリー・ケーガン氏は、以下のような見地に立って「死」について”理詰め”で語っていきます。

  • 非物質的な「魂」なるものは存在しない
  • 不死はよいものではない
  • 死を恐れるのは適切な反応ではない

 ちなみに”日本縮約版”では、原著の前半にある”形而上学的”な問題についての内容が省かれている、とのことです。省かれた部分については始めの数ページの中でさらーっと触れられています。

 前半がばっさりカットされていることを不満に思う方々もいらっしゃるようですが、わたしとしてはこの”日本縮約版”でも充分に読みごたえがありました。……いずれ”完全翻訳版”も読むつもりではいますが。

 シェリー・ケーガン氏曰く「死は特別謎めいてはいない」。死んでいるというのは「どのようでもない」と。

 人間というのは、ただの機械(ただし、ものすごくよくできた、ただの機械)であって、死ぬというのは、その機械が壊れて動かなくなるという、ただそれだけのことだ、と。

 死んだら終わりだなんて耐えられない、という人もいるでしょう。死後の世界がある、と信じている人もいるでしょう。

 死こそが救いだ、と考える人もいるでしょう。死後の世界はないほうがありがたい、という人もいるでしょう。

 わたしはまだ死んだことがないので、死んだらどうなるのかはわかりません。わかりませんが、死んだ後も、なにか魂的なものが存在して、それが永遠に続く……、というのは、個人的にはちょっと勘弁願いたいところです。

 小さい頃、お寺で法話を聞いていたら、お坊さんが言いました。

「亡くなったご先祖様たちは、お浄土からわたしたちをずっと見守ってくださっていますよ」

 それを聞いたわたしは「死んだら、そのあとずっと”この世”を見守り続けなきゃいけないのか……、恐ろしい……」と思いました。

 かといって、死んだらもうなにもかもが終わり、というのもなんだか寂しい。

 小さい頃、特に夜の遅い時間になると「死んだらわたしが”この世”から消えて、いつか人類が滅びて、そしていつか地球がなくなって、そしてそして宇宙も消えてしまって……」と考えて、怖くて泣いていました。

 ……じゃあどうなったら満足なの、と言われると困ってしまうのですが。

 ただ「死んだらどうなるか」なんて誰にもわからない、とわたしは思っています。そしてそれでいい、わからないことはわからないままでいいじゃないか、と。

 それは「死んだらどうなるか」を考える意味がない、ということではありません。むしろ、わからないからこそ考える。死ぬまで考える。

 ……とは言いつつ、基本的にはこの本に書かれているように、死んだらそれで終わり、死んでいるというのは「どのようでもない」のだろう、とは思います。

 だとしたら「いつか終わるその命を、どう生きますか?」と、この本は問いかけてきます。

 どう生きるか、など考えなくても、生きていくことができるし、むしろそういうことについて考えられるのは、贅沢なことかもしれません。でも、考えることができるからには、やはり考えたい、と思います。

 考えても考えなくてもいずれ死ぬし、考えていたつもりが数時間後には「わたしはいつか死ぬ」ということすらすっかり忘れてしまっているのです。だから、こうやって考える機会を手にした折には、しっかり考えておきたい。

 そしておそらく、死ぬまで答えは出ない、というよりも「死んでも答えは出ない」と言ったほうが適切でしょうか。

 最後に、わたしがこの本を読んでいて一番印象に残った言葉を引用しておきます。

人生は、何もしないには長過ぎるが、何かをするには短過ぎる

シェリー・ケーガン『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講座』
タイトルとURLをコピーしました