【牡牛座の新月】ほんとうの豊かさとは何かを考える

 明日2021年5月12日 4:00 に、牡牛座で新月を迎えます。

 こちらがそのときのホロスコープです。

by Free Horoscope Charts

スポンサーリンク

牡牛座・第1ハウスでの新月

 月と太陽は牡牛座・第1ハウスでコンジャンクション(0°)と、重なっています。

 牡牛座は豊かさや安定を求めるサインです。また、自分の体験や五感といったものを大事にします。

 第1ハウスは「自分自身」を表す場所です。

 情報のあふれる現代社会で、ともすると自分の体験や五感が置き去りになってしまう、ということは珍しくありません。

 もちろん情報も大切ですが、情報を得て物事を考えらえるのも、脳、つまり体があるからこそです。

 人間はコンピューターではありません。

 夕焼けを見て感動したり、花の香りにうっとりしたり、おいしいものを食べて満足したり……。

 そういった体験の素晴らしさを、牡牛座はよく知っています

 新月は新しい月のサイクルの始まりであり、これから満ちていきます。そのため、満月に向けて何かを「増やす」ことが向いています。

 無味乾燥になりがちな日常の中に、五感を満足させる時間を少しでも取り入れて増やしてみるのはいかがでしょうか

牡牛座・第1ハウスの天王星

 同じく牡牛座・第1ハウスには、天王星もあります。

 天王星は「改革」を表す天体です。

 牡牛座・第1ハウスにある天王星は、人々の豊かさに対するの概念の改革を示唆していると言えます。

 お金があればいい、モノがあればいい、という考え方は、実際にどんどん変わっていっているように思います。

 牡牛座の意味する「豊かさ」は、物質的な豊かさには限りません。

 天王星はわたしたちに「豊かである」ということの意味について、考え直すきっかけを与えてくれるかもしれません。

月・太陽と海王星のセクスタイル(60°)

 月・太陽と海王星はセクスタイル(60°)の角度をとっています。

 海王星は魚座・第12ハウスにあります。

 魚座は他者と自分との境界線を取り払って、すべてを愛したい、そんなサインです。そして、癒しを司るサインでもあります。

 第12ハウスは夢や集合的無意識を表しており、新しいサイクルのための準備の場所でもあります。

 また、海王星は魚座の支配星(ルーラー)で、海王星にとって魚座はホームグラウンドのような場所です。

 海王星は夢や精神世界といったものを司っています。

 この海王星が、牡牛座で重なる月と太陽に対して、セクスタイル(60°)という調和的な角度で働きかけます。

 すべてを愛し、癒すような寛大さは、その人の精神的な豊かさのみならず、他者の精神的な豊かさにもつながります

 また、精神的に豊かになれば、よりいっそうすべてを愛して癒す心を持てる、という側面もあります。

五感を喜ばせることと精神的な豊かさ

 五感を喜ばせることは、自分を喜ばせることです。

 自分の機嫌がよければ、他者への寛大さが生まれます。

 他者への寛大さがあれば、自分の機嫌はもっとよくなります。

 生きていくのには確かにお金が必要なことが多いですが、お金だけあっても満足できる人生は送れないでしょう

 明日の牡牛座新月は、豊かさについて考えるよいきっかけになるのではないかと思います。

 あなたの人生がより豊かになることを、願っています。

タイトルとURLをコピーしました